ditectiveG
contact

detectiveG.tokyoについて

探偵事務所detective Gは、東京公安委員会公認の探偵事務所です。
東京都中央区(銀座・勝どき・日本橋・築地)を拠点に国内外の案件を幅広く対応しております。

3つの特徴

英語、日本語、中国語に対応します。そのため活動エリアも国内にとどまらず海外での調査も行います。
探偵養成アカデミーを併設しています。そのため、探偵の質の高さに定評があります。
調査後法廷に向けてのレポート作成まで対応します。

当たり前のことですが、法律順守、秘密厳守を徹底しています。

選ばれる理由

調査終了後、お客様に弊社を選んで頂いた理由を頂いておりますので、その理由をベースに特徴をまとめました。

○事前調査を綿密に行い、最適なお見積もりをします。

金額設定において最も重要なフェーズです。事前調査、面接から得た情報が詳しければ詳しいほど、調査時間を短くできます。結果、調査時間を短くすることが出来、調査料金を抑えることができます。

○プロの探偵が調査の指揮をとります。

探偵学校で学んだ探偵が中心となって調査を行います。しっかりと学んだ探偵は、理論と経験、双方を兼ね備えています。経験が豊富も大事ですが、理論的に調査していかないと、結果的に料金に羽買ってしまうケースもあります。

○併設しているアカデミーがあるため常に質の高い探偵がいます。

理論を学んだ経験豊富な探偵をリーダーとし若手の探偵も使います。それにより質を落とさず、時給単価を下げることができます。探偵学校を卒業したばかりの若手探偵であってもリーダーシップにより、良い調査が可能です。

○信用 を頂いております。

最も説明しにくいことですが、結局事前の面接でお会いして信頼を得ないと、仕事にはなりません。多くの方は、「わかりました、お任せします」とう言葉で調査が開始されます。ここに任せて良いのかどうか、その疑問がなくなるまで、面接します。

○公安委員会の許可を頂いて運営しています。

まだ新しい制度ですので、無許可の探偵事務所も多いです。弊社では必ず許可書を見せるようにしています。万が一のことを考えて、許可書がない探偵事務所には依頼されないことが大切です。

○契約書について

事後何か問題にならないように契約書があります。内容は法律遵守と機密保持契約、調査内容が中心となります。また契約の締結は、必ず弊社事務所またはお客様の事務所や自宅で行います。心が落ち着いた時に契約して頂くことを重要視しております。

調査内容一覧

○盗聴器調査およびGPS調査

○素行調査(浮気、社員、知人)

○行方調査(恩師、家族)

○法人向け調査(競合、社員、新規社員)

○ストーカー対策

ends-and-means

探偵業の必要性

探偵の必要性

探偵に依頼する内容の多くは、「誰かの行動を調べて欲しい」、「誰かを探して欲しい」「自分の生活圏内の不審を調べて欲しい」です。誰ができるでしょうか?警察ですか?弁護士ですか?これができるのは探偵だけです。

探偵が社会できること

私たちのお客様は不安や不審を持っている方が多く、とても不安定な方が多いです。相談レベルで解決できる場合もございます。 「明るい未来のために、あなたの目となり口となり」がdetective Gのモットーです。 「Private eyes for your bright future」

contactus

探偵業の法律

ライセンス

平成18年6月に「探偵業法」が制定されました。
これにより、すべての探偵業を営む方は、所轄警察署を経由して、都道府県公安委員会に届け
出をすることが義務化されました。

ライセンス

contactus

探偵業界の現実

悲しいことに毎年様々な理由で、探偵が刑事事件を起こしています。多くはストーカー助長だったり、個人情報保護法違反です。
事実として、いいかげんな探偵事務所はたくさんあります。以下、探偵事務所がよく使うワードの中で注意するべきキーワードです。

要注意キーワード

「少しでも不安ならすぐ調べましょう」

ダメです。これは相手の信頼を損ないます。
調査に至る前に自分で解決できる点があるか考えましょう。不安を煽ることに意味がありません。
冷静になることから始めましょう。冷静になるための相談であれば、全力で対応します。

「調査費1万円から」

調査費用は安くありません。
人が一人または数人、この調査のために時間を使います。しかもアルバイトであってはなりません。
質の高いプロの探偵が動く以上、最低限の金額は覚悟するべきです。金額には必ず理由があります。
金額の額面より、内容や質を重視して選ぶことをお勧めします。

「思い出のあの人を探してみませんか?」

探すことは可能です。弊社もできます。
しかし、相手の合意がない限り、個人情報保護法があるため、依頼者に情報提供はできません。依頼して、調査し、見つかっても、その方の情報は提供できない可能性があります。
それでも調査費用は発生します。事前にそれをしっかり理解してから依頼しましょう。またその説明がない事務所は要注意です。

contactus

CONTACT-US

Contact Us

お名前*
メール*
電話